カバーメイク専用化粧品 開発・販売

MARSH FIELD

営業時間:平日9:00〜17:00(土日祝日除く)
5,500円(税込)以上で送料無料

ブログ内検索

MARSH FIELD

2022年11月10日

ブログ

初冬の肌ってどんな肌?秋でもない、冬でもない季節の肌を知ろう

皆さま、こんにちは。
マーシュ・フィールドです。

11月7日に立冬を迎え、木枯らしが吹き始める頃、広がる紅葉から秋の深まりを感じますが、冬の訪れもすぐそこまで近づいています。「冬支度」という言葉がありますが、これは秋が深まった今頃に、寒い季節に備えて準備をするという晩秋の季語です。現代のように環境が整っていなかった時代は、寒さをしのぎ、厳しい冬を生きながらえるために、家屋や庭木の手入れをし、保存食をこしらえ、衣服や布団に綿を入れ、火鉢に火入れをしたのですね。


「モニプラ ファンブログ」「LIPS」のマーシュの公式ページではプレゼントキャンペーン情報も発信しておりますので、あわせてチェックしてみてください!


冬の訪れは、乾燥の季節の始まりでもあります。でも、11月としては珍しく気温が高くなる日もあれば、例年どおり、もしくは例年よりも低い気温の日もあるなど寒暖差が激しく、服装をはじめ、スキンケアやメイク、メイク直しの仕方にも戸惑ってしまうことはありませんか?

空気は確実に乾燥してきています。まだ汗ばむことがあっても、もうすぐやってくる本格的な乾燥シーズンを前に、今から冬肌メイクの準備が必要です。

そこで、11月の「Blog be by Your Side」は、「もうすぐ冬がやって来る!乾燥シーズンのメイク崩れ防止&メイク直しの応援アイテムを探せ」をテーマにお届けしたいと思います。

1回目はこちら

【初冬の肌ってどんな肌?秋でもない、冬でもない季節の肌を知ろう】

についてお話しします。


■からだや肌への寒暖差の影響

季節の変わり目は、気温の寒暖差に注意が必要だといわれますね。朝晩と日中では全く服装の季節が異なる、なんて日もあるかもしれません。11月はまさに季節の変わり目ですが、寒暖差が大きくなると、私たちのからだや肌には一体どんな影響があるのでしょうか?

最近よく「寒暖差疲労」という言葉を耳にします。寒暖差疲労とは、急な気温差に対して、体温を一定に保つための自律神経が働きすぎて、必要以上にエネルギーを消耗してしまい、様々な心身の不調が現れることをいいます。
寒さを感じたら体温を上げ、暑さを感じたら汗をかいて体温を下げる、これを1日のうちに何度もくり返すことでからだが疲れてしまいます。代表的な症状は、肩こりや頭痛、倦怠感、冷え、むくみなどですが、そこまで気にならなくても、なんとなく疲れやすい、だるいと感じてきたら、寒暖差疲労の前兆かもしれません。
そして、寒暖差疲労の原因である自律神経の乱れは、からだの不調だけでなく、肌のバリア機能を低下させ、肌荒れや敏感症状を引き起こしてしまうなど、肌にも大きな影響があります。

寒暖差に適応することは、元気なからだ作りはもちろん、肌を健やかに保つためにもとても大切なことなのですね。


■冷えと汗をくり返す肌

寒暖差が大きいと、からだが冷えたり、汗をかいたりをくり返します。服装は、気温に合わせて脱いだり着たりと工夫ができますが、肌はどうでしょう?
気温が下がり、空気も乾燥してきていますから、目元や口元などはかさつきが目立ちはじめますが、日中に汗をかいたり、皮脂が分泌されると、テカリが気になる部分も出てきます。また、汗や皮脂が乾きすぎると、肌の乾燥も進みます。この冷えと汗と乾燥が混在している状態も、肌荒れや敏感症状を引き起こすことにつながっているといえるでしょう。


■初冬の肌のメイク崩れとは

冷えと汗をくり返した寒暖差肌のメイク崩れの原因には、乾燥と汗・皮脂が混在しています。それは、保湿とテカリ防止というまるで相反するケアが同時に必要になるということですが、実はポイントを押さえれば難しいことはありません。

ポイントは、「保湿のタイミングと順序」です。これを正しく知ってスキンケアやベースメイクをすれば、テカリや乾燥を防いで、メイク崩れしにくい肌へと整えていくことができます。

秋でもない、冬でもない、初冬の肌。本格的な乾燥シーズンを前に、肌の準備をしてみませんか?


11月2回目の内容は、

【乾燥しても崩れにくいメイクをするには?いつものスキンケア&ベースメイクにプラスワン】

をお送りします。
楽しみにしていてくださいね。


ブログの公開は、公式Facebook公式TwitterLINE公式アカウントにてお知らせします。
ぜひチェックしてください!


マーシュ・フィールドでした。
いつもありがとうございます。


当サイトで提供されている情報及び画像の著作権は、マーシュ・フィールド株式会社または情報提供者に帰属します。
情報及び画像等の無断転載をお断りいたします。